一人静か

ひっそり、こっそりと。

In the end, only three things matter: how much you loved, how gently you lived, and how gracefully you let go of things not meant for you.

「最期には三つの事だけが重要だ。いかに愛したか、いかに優しく生きたか、そして、いかに潔く自分のものでないものを手放したか、だ。」仏教の教え

— Buddhist Saying (via wendesgray)

(元記事: thelenaubr (comsmetから))

「大地は親からゆずり受けたものではない。
子供たちに借りているものである」
ケニアのことわざ
狂想曲→カプリチオ
協奏曲→コンチェルト
狂詩曲→ラプソディ
幻想曲→ファンタジア
五重奏曲→クインテット
交響曲→シンフォニー
四重奏曲→カルテット
奏鳴曲→ソナタ
鎮魂歌→レクイエム
追奏曲→カノン
夢想曲→トロイメライ
夜想曲→ノクターン
輪舞曲→ロンド
笑曲→スケルツォ

Twitter / kaishin_twet (via maido3)

  • 前奏曲→プレリュード
  • 小夜曲→セレナーデ
  • 交声曲→カンタータ
  • 円舞曲→ワルツ
  • 行進曲→マーチ
  • 行列舞踏曲→パヴァーヌ

(via ona)

  • 聖譚曲→オラトリオ

ですって。使ったことないけど

(via myk0119)

(deepspeedから)

中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。
1draw-layk:

霧島さんを抱っこし隊
#艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負 http://t.co/sNblnUG9Fq 高画質画像を表示

1draw-layk:

霧島さんを抱っこし隊
#艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負 http://t.co/sNblnUG9Fq

(ipscellから)

よく言われる事だが告白は一か八かじゃない
単なる確認作業だ
Ultralite Powered by Tumblr | Designed by:Doinwork